生科学工業株式会社

お医者さんに行く前に

イラスト:病院に向かう「変形性ひざ関節症」によるひざの痛みやこわばりは、時間がたっても自然に治ることはありません。早めに医師に相談し、治療を受けてください。



イラスト:整形外科へひざの痛みにはさまざまな原因が考えられます。「変形性ひざ関節症」は早い時期の治療が大切です。ひざに違和感や痛みを感じたら、まず「整形外科」のお医者さんに相談してみましょう。



症状を聞く問診、痛い部分の視診、触診のほか、レントゲン撮影や関節液の検査を行います。

問診

ひざの痛みを説明する際には、「どの部分が痛いのか」「いつから痛いのか」「どのように痛いのか」「どんなときに痛いのか」がポイントになります。
また、「ひざをけがした」、「以前にも痛みを感じたことがある」、「腰の痛みや足のしびれがある」などの既往歴も、病気の診断や治療方針の決定に重要です。事前に整理しておくことをお勧めします。

視診・触診

ベッドに仰向けになった状態で、ひざがまっすぐ伸びるか、伸ばせなければ痛みが強いためか、ひざが固くなっている(拘縮)ためか調べます。ひざが深く曲げられるか、曲げ伸ばしの際に音がするか調べます。
次に、曲げた状態、伸ばした状態でひざが腫れて熱をもっていないか、水が溜まっていないかどうかを調べます。
視診・触診を受ける際はひざを容易に出せる服装、例えば短いズボンや柔らかい素材のズボン、スカートなどがお勧めです。

視診・触診のポイント
ひざの伸び具合/曲がり具合(ひざの硬さ(拘縮の有無))
ひざの腫れや水のたまり具合
ひざの痛む場所はどこか
ひざを前後左右に動かした際にゆるみがあるか

レントゲン検査

イラスト:先生に診察を受けている

ひざをレントゲンで撮影します。
関節の変形(骨のすきま)や骨の異常などをチェックします。

関節液検査

ひざが腫れている場合には、ひざに注射器を刺して関節液をとり、関節液の量や成分を調べます。

血液検査

他の関節炎(関節リウマチ)と区別するために、採血をして血液検査をすることがあります。

あなたの町のお医者さんを探してみよう!