生科学工業株式会社

ヒアルンくんに学ぶ!「日常生活の工夫」

ヒアルンくんに学ぶ!「日常生活の工夫」のトップページ戻る

ひざへの負担を軽くする階段の昇り降りのコツ

階段昇降は通常歩行よりひざへの負担が大きいためエスカレーターやエレベーターの利用がおすすめです。階段を使う必要があるときは、手すりを使って身体を支えることでひざへの負担を減らし、転倒予防にもなります。
昇り降りとも、足を交互に出さず、1段ずつ両足をそろえます。昇りでは痛みの少ないひざ、降りでは痛みの強いひざの方から足を出すが原則です。

洋式スタイルのポイントは次の通りだよ!

昇るとき

① 手すり側に重心をかけて
  痛みの少ない足から昇る。

② 腕の力も使って痛みの強い足を
  身体ごと引き上げ、両足をそろ
  える。

降りるとき

① 手すりを持ち、身体を支えながら
  痛みの強い足から降りる。

② 腕の力を使って痛みの強い足に全体
  重が乗らないようにして痛みの少
  ない足を降ろし、両足をそろえる。


ワンポイントアドバイス

*昇降時は痛みの強い足を常に下の段にすると覚えておきましょう。